新月瞑想会

新月の日の午前11時から1時間
瞑想会を行っています。



瞑想は全ての人に、素晴らしい効果をもたらしてくれるものです。
瞑想を日常的に行うことにより、集中力や行動力を高めてくれ、
精神的安定をもたらしてくれます。



瞑想とは何でしょう?

瞑想は特別なものではありません。また、特別な人だけが出来るものでもありません。
私たちは誰もが日常生活の中で、特に意識していなくても
1日に10~13回ほど瞑想している状態になります。

例えば下記のような時の脳波は、ベータ波からアルファ波、そしてシータ波へと移行しどんどんリラックスしいる状態です。

-朝起きてから完全に目覚めるまでの「ぼぉ~~~」っとした状態。
-眠る直前の「まどろみの中」にいるような状態。
-過去のことで頭がいっぱいな状態。(過ぎた出来事を思い出していたり)
-未来のことで頭がいっぱいな状態。(未来の心配や楽しみなことを考えていたり)
-ドラマや映画など、見入って同化している状態。
-本に夢中になって、周りの音も聞こえない状態。
-運転中、意識が運転以外に向いていて、どこをどう走ったのか覚えていない状態。
-イメージトレーニングなど一つのことに集中している状態。

このような状態が瞑想状態です。

瞑想状態とは、肉体が眠ったまま意識が覚醒した状態にあることを指し
これを「変性意識」の状態といいます。



「半眼」のススメ

aimer-rire

瞑想を行う時には「半眼」をオススメしています。
なぜなら、仏教で「半眼」とは、
半分は外の世界、半分は内の世界や見えないものを見つめること。

つまりは、外を見つつ内を見ている状態なんです。

私たちは、大人になるにつれ外の世界ばかりに気をとられ
自と他を創り、ありもしない境界線を作って世界を分断してしまいます。

そして、その物事にフォーカスして視界を狭めてしまってるんです。
ゆえに、見ているようで見えていないモノが多いのですね。

わかりやすく言うと、大人と子どもの見え方の違いでしょうか。

子どもは、「世界をそのまま」見ているのに対し、
大人は、「自分の思考が創り上げてきた定義の世界」を見ているんです。

人は現実をそのまま捉えてるようでいて 実は、自分の「記憶」を見ているだけなんですね。
とは言え、自分の内をじっくり観察しようとすると 、内面ばかりに目を向けてしまい、いつの間にか頭の中で流れる自我の独り言の世界に引きずりこまれていったりします。

どちらか一方ばかりにフォーカスすると、二極的な捉え方になってしまいますね。

そういった理由から「半眼」をオススメしています。

見るか(目を開ける) 見ないか(目を閉じる)ではなく
ぼんやり見る(半眼)という状態の中にいると
普段見失ってしまっている「中間」にあるものを捉えることができます。

これは、普段私たちが凝視して見ている外の世界をぼんやり捉えることで
外と内の「あいだ(間)」 つまり「ありのまま」を知ることに繋がります。

そして普段、思考によって分断されてしまっている
「アレとコレ」の間にある繋がりを思いだすことが
「ありのまま」の世界への理解にも繋がり、「在るがままを捉える」ことになるのです。



瞑想で何が得られるのか?

瞑想によって得られるものは、心の安らぎや精神的な安定感といったものになります。
また目的や自己実現、夢の実現へのエネルギーが得られる方もいます。

それは瞑想を行うことにより、集中力が向上するからなのだと言われています。
さらに疲れにくくなる効果も期待できます。

いづれにしても、瞑想によって得られる最大なものは
普段、思考によって分断されてしまっている
「アレとコレ」の間にある繋がりを思いだし
「ありのまま」の世界を理解し、「在るがままを捉える」ことで心が安定する。 といったことではないでしょうか?

ですから「瞑想する」という時間を一日に一度は作ってほしいと思います。



新月瞑想会


毎月の新月に瞑想会を行っています。


一日に一度は瞑想する時間を作ってほしいとはいえ、その時間を作ることが難しい方もいると思います。
せめて月に一度、瞑想の為の時間を一緒にとりませんか?
そんな想いで瞑想会を行っています。

aimer-rire


新月の午前11時からの1時間、誘導からの瞑想を行います。

テーマを作って誘導していきますが、よく「瞑想って、無になる訳ではないんですか?」と、瞑想会の時などに聞かれますが

確かに瞑想って「無」になろうとすることです。 しかし、私たち人間は、思考する生き物です。

黙っていてもフツフツと、次から次に何かが浮かんできます。
それを打ち消そうとすればするほど、そこに意識が向いてしまって
考えないようにすることをと、無になろうとすることを交互にしてしまいます。

瞑想では、一つのことに集中(意識を向ける)ことを促します。
そのため、簡単に意識を向けることができる、呼吸に意識を向ける(呼吸を数える)ことを伝えますが
瞑想会では、みんなで一つのことに集中するために、毎回テーマを決めて誘導しています。
私の誘導する言葉を聞きながら、自然とイメージが浮かんでくるように意識を向けてもらうのです。

またテーマを決めることで、参加者の方々が同じ意識へ向かうことになり、自ずと潜在意識で繋がることにもなります。

瞑想は、誘導含め40分 その後シェアしあいます。

参加費...1000円




瞑想会会場案内



瞑想会会場:日本トータルセラピー協会/LilyAn


住所: 〒461-0005 名古屋市東区東桜1丁目10-16 ビルフレンズ6・7F


協会案内: http://ai-lilyan.com/information/



日本トータルセラピー協会/LilyAn